腸年齢と肌年齢の関係性とは

大腸の調子が悪くなると、肌にも影響がでてきます。
現在の日本人は、食生活の乱れなどから腸年齢が実年齢よりも高い人が多くいます。
20代から60代女性を対象に行った結果、腸年齢が若いと出たケースは4割以下の数字になります。
これは、肌年齢にも比例しています。
この腸内環境が、年齢よりも老化している人は、脳年齢も老化しています。
つまり、腸の状態が悪いと全ての部分に影響を与えることになります。
腸内にいる悪玉菌が増加することで、体内に毒素が溜まります。
この毒素が、肌荒れを引き起こす原因となります。
肌年齢を、今よりも若くしたいのなら腸年齢を若くする必要があります。
腸内環境を、正常にするには善玉菌を増やすことです。
野菜不足や肉の摂り過ぎ、運動不足、ストレスといった生活習慣によっても、腸内環境は悪玉菌が優勢に作用して、腸の老化を進めていきます。これらの生活習慣を改善をして、また乳酸菌などの腸に効果的なものを意識して食べることです。
便秘に悩む人は、腸の老化が進行しています。
そのために、便秘解消を先にすることが、肌年齢にも必要です。
アンチエイジングは、この腸を改善することから始まります。
健康にも、美容にも中心にあるのは腸の存在になります。

コメントは受け付けていません。