菌体成分と免疫力の関係

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で、オリゴ糖や乳糖を分解して乳酸を生産しています。悪玉菌を追い出し、腸内環境を整える効果がある他、肝臓の解毒作用を助ける作用もあります。また、大腸の中を酸性にし、病原菌の感染や、発ガン物質の生成などを予防することができます。腸内が酸性になることで、便秘の解消にも役立つことが分かっています。また、ビフィズス菌に含まれている菌体成分は、生活習慣病の予防にも役立ちます。腸内の免疫システムを刺激し、免疫細胞を活性化させて、免疫力を高める働きがあります。病原菌の感染を防止することで、さまざまな病気を回避、予防する期待ができます。そして、血中のコレステロールを下げる効果もあり、動脈硬化の防止に働きかけることができます。ビフィズス菌の菌体成分が腸管免疫を活性化することができるのは、レセプターのひとつであるトールライクレセプターを刺激するためで、これによって病原菌の増殖を防ぐことができる仕組みとなっています。ビフィズス菌は、人間の身体には有害物質は一切存在せず、プラスの働きを多くする菌です。加齢や、日常のストレスなどによっても減少していくため、定期的に摂取をすることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。