日和見菌とは

私たちの腸内には、善玉菌と悪玉菌がいると言うことは知っている人も多いでしょう。善玉菌が多いほうが腸内環境が良いと言うことはわかっているのではないでしょうか。実は、腸内にはもう一つ、善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌があります。これが腸内環境を左右しているといっても過言ではないのかもしれません。

良くも悪くもないということになると、いったい、どんな働きをしているのかということです。体調が良い時は、特に目だった働きをしているというわけではありません。ただし、体調が悪化してしまうと悪い働きをしてしまうので気を付けなくてはなりません。体調をしっかりと管理しておけば、悪玉菌よりの働きをせず、善玉菌よりの働きをしますので日ごろから腸内環境にも気を配るようにしましょう。

乳酸菌を積極的に摂取することをお勧めします。発酵食品を多く食べるようにすることで、腸内の善玉菌を多くしましょう。そうすれば、日和見菌も善玉菌と一緒に腸内環境を整えてくれます。食生活が乱れている人は、なるべく健康的な食事を心掛けましょう。そうすれば、腸内の悪玉菌を増やすこともありません。ビフィズス菌は、加齢と共に減るので年々食事を気を付けたほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。