下痢に対する効果

お腹の悩みには、便秘だけでなく下痢もあります。
この場合、急性のものは食中毒などのこともあるので、症状が重い時は、飲めるのなら水分補給をしてしばらく様子をみます。
それでも、吐き気など症状がひどくなるときは病院に行くことが大切です。この急性の場合は、一時的なことが多く時間が経過すれば収まる事が多いです。原因は、色々とあり食べ過ぎや飲み過ぎる、そして最近はストレスも多いです。
急に、腹痛が起こるので予防をすることができません。
それに、反して慢性の下痢は一週間以上続き、治りにくいところがあるのが特徴です。
この場合の原因は、腸のコンディションが悪いために起こります。
その改善策として、腸内のコンディションを整えるには乳酸菌などで腸内の善玉菌を増やすことが大切です。
善玉菌が増加することで、腸内環境だけでなく体の免疫力も上がります。
そして、代謝機能も活発になり体の抵抗力も強くなります。
この事が、体の異常やストレスにも強くなり、従ってそのことが腸内の健康に結びつきます。
便秘や下痢をすることは、腸内環境に悪玉菌が増えていることを表しています。
このバランスを、変化させ善玉菌を増やすことで正常化して、健康なお腹になります

コメントは受け付けていません。