悪玉菌とは

人間の大腸の中には、たくさんの細菌が生息しています。
その中でも、体によい働きをする善玉菌の他に、その反対の悪玉菌があります。
この悪玉菌は、便秘や下痢を引き起こしたり病気も誘発していきます。
人の体の免疫力は70パーセントが腸内細菌が担っていると言われています。
このバランスが、悪くなることで風邪や感染症やアレルギーになりやすくなります。
またこのバランスが崩れると、体内の老化も進んでいきます。
他にも肌荒れや、便秘による体重増加など美容の面からも大きな影響があらわれます。
このように、大腸はとても健康と深い繋がりがあります。
便やおならが臭くなるのも、こちらの影響が原因になります。
そのために、便などの臭いが強い場合は大腸のバランスが悪くなっているのです。
この悪玉菌を減らして、腸内環境を正常にしてくれるのが善玉菌です。
この善玉菌を増やす対策としてできるのが、そのエサとなるオリゴ糖や乳酸菌を体内に補充することです。
そして、このバランスを常に維持することが大切です。
食生活では、食物繊維を意識して食べることと野菜中心にすることです。
また、睡眠やストレスもバランスを崩す原因となります。
お腹にいい生活を、することが健康になります。

コメントは受け付けていません。